HOME > CSR > ガラスびんのECO

ガラスびんのECO

ガラスびんの3R

ガラスびんは使い終わったガラスびんを砕いて新しいガラスびんの原料にするリサイクル、
びんを洗って何度もくりかえし使用するリユースによって、廃棄物を出さずに使うことのできる環境に優しい容器です。
またガラスびんの軽量化によって、生産やリサイクルに必要な原料・エネルギーの削減をはかる
リデュースの取り組みが進んでいます。

Reduce

ガラスびんの軽量化によって、生産やリサイクルに必要な原料・エネルギーの削減をはかる「リデュース」。
ガラスびんの強度を保ちながら、薄く・軽くすることが求められています。
当社では、一般びんのほか、お客様独自の製品にも「超軽量びん」を開発・提供しています。

≫ 軽量びんについて

  • 例えばこの飲料びんは、一般びんとして広く普及している超軽量びんです。
    また、右の調味料びんは10年にわたる軽量化の取り組みにより「超軽量びん」から、
    L値=0.6以下の「(仮称)超々軽量びん」へと進化しました。

Reuse

ビールびんや牛乳びん、一升びんなどの「リターナブル(戻せる)びん」。
これらのびんは再使用を前提につくられており、回収後に洗って、もう一度同じ用途で使用されます。

≫ リターナブルビンについて

  • 例えばビールびんの一生は約8年間。20回以上使われたあとにカレットとして再利用されます

Recycle

ガラスびんの製造においては、空きびんを砕いてリサイクルした再生原料であるカレットを使用しています。
カレットは天然原料よりも溶けやすいため
使用割合を10%増やすと生産時に使用するエネルギーを約2.5%削減できます。
また、天然原料とは異なり、溶融時にCO2が発生しないため
原料に起因するCO2の量を削減する効果があります。
カレットを原料に90%以上使ったガラスびんのことを「エコロジーボトル」といいます。

≫ エコロジーボトルについて

    • カレット
    • カレット
    • スーパーエコロジーボトル
    • エコロジーボトル
    • 環境に優しいガラスびんを見つけよう!
    • エコロジーボトル、リターナブルびん、軽量びんのマークを紹介。
      これを目印に環境に優しいびんを見つけよう!