HOME > CSR > 社会貢献活動

社会貢献活動

技術支援の取り組み

当社では、新興国におけるガラス容器製造技術の向上と、ガラス容器市場の活性化に貢献するため、ガラスびん技術の支援に、1980年代から取り組んでいます。現在、韓国・タイ・フィリピン・インドネシア・中国・ポーランドの6カ国で、ガラスびんを生産する8社と、技術の援助・供与契約を結んでいます。

当社の専門技術者を現地に派遣して教育を実施しているほか、各企業の技術者の来日研修を受入れています。また、原料分析やガラス組成などに関する技術的な問合せにほぼ毎日対応しています。

当社技術者が1〜2週間、長い間は1ヶ月現地に滞在し、主に工場の生産性向上のアドバイスや省エネの提案、軽量化の技術指導などにあたっています。来日研修は最大30名を1〜2 週間受入れ、窯の管理技術や成形欠点の修正方法、メンテナンス技術・予防保全、金型設計技術、および品質保証といった技術研修を実施しています。
今後は新興国でも軽量化や品質への要求が高まってくると見られるため、技術とともにモノづくりへの姿勢についても理解を深めてもらう支援を継続していきます。

播磨工場での技術者受入れ研修

播磨工場での技術者受入れ研修

page Up

環境学習プログラムへの参画

当社と(株)山村製壜所は、2003年度から兵庫県西宮市のNPO法人こども環境活動支援協会が企画した環境学習プログラムに参画し、毎年、市内の小学校などで、びんの3Rを通じて、持続可能な社会への理解を深めてもらう体験型の環境学習を実施しています。

[環境学習の主なねらい]

  • (1)西宮のお酒とびんの歴史的なつながりと、その産業を支える人々の思いを伝える。
  • (2)「酒のまち西宮」=「びんのまち西宮」=「環境を学び、環境を大切にするまち西宮」であることを伝える。
  • (3)びんの循環のしくみと、びんの循環が環境にやさしいこと(環境にやさしくすることがなぜ必要なのかということ)を伝える。

びんの循環の仕組みを説明

びんの循環の仕組みを説明

 

page Up

尼崎21世紀の森づくり協議会

当社は、関西本社のある兵庫県尼崎市を拠点とする尼崎21 世紀の森づくり協議会が実施している『尼崎21世紀の森づくり』活動に参画しています。同協議会は、県・市および企業やNPO法人などで構成されており、尼崎市の臨海地域における自然を蘇らせ、緑あふれた元気なまちづくりに取り組んでいます。

2012年から『苗木の里親』制度に参加し、関西本社ではこれまで600鉢の苗木を育成してきました。これらの苗木は2014年11月に続き、2017年4月に「日本山村硝子の森」に植樹しました。現在も継続して苗木の育成に取り組んでいます。

植樹会の様子

植樹会の様子

「日本山村硝子の森」看板

「日本山村硝子の森」看板

「エコキッズメッセ」への参画

同協議会の活動の一環として行なわれている『エコキッズメッセ』に2009年から毎年参加しています。企業や団体などが各ブースを設けて、環境保全の取り組みなどを紹介するイベントで、当社のブースでは、こどもたちに正しいびんの回収方法を学んでもらうために資源ごみの分別方法に関するクイズを実施するなど、当社の製品づくりや、それが社会でどのように役立っているのか伝える活動に取り組んでいます。

エコキッズメッセ当社ブース

エコキッズメッセ当社ブース

関連情報

日本山村硝子の掲げる理念および事業のご紹介から環境・CSR活動にいたるまで、総合的にご覧いただけるよう、2015年より、会社案内とCSRを統合し、「Corporate Communication Book」として制作しています。